スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場

2013.02.26.Tue.10:19
第4回ネーム大賞の打ち上げに参加。
応募者の方々と交流できて有意義でした。

いつか「この人俺昔から知ってるぜ」自慢がきっとできるはず。
傑作、良作、色々あったけど、異彩を放っていたのが『HOME』。

以前スピリッツに載っていたとある新人の読切作品で
構成がいびつ過ぎるけどただならぬパワーとフェチシズムに溢れてて
強く印象に残ってる作品があって、
今回ネーム大賞で『HOME』読んで似たようなエネルギーを感じて凄いなと思っていたら、
同じ作者でした。
全然違うストーリーと設定でもにじみ出る個性、羨ましい!

今日は『葬送 母校が遺体安置所になった日』第二話が掲載される
Eleganceイブ4月号発売。
IMG_9490.jpg


原作付きだけど読んで村岡ユウの作品とわかってもらえるくらいの
ネームと画面にしたいもんです。
君塚良一監督の映画『遺体 明日への十日間』も公開されたので
ぜひ合わせてご覧ください。
映画では『葬送』の主人公女性を酒井若菜さんが好演しておられます。
葬送1


ちなみに奇しくも君塚さん脚本の『踊る大捜査線』シリーズの和久さんに近い名脇役ポジションを
『遺体』で演じているのが室井さんこと柳葉敏朗さんで、
そのかたが青島刑事の如く現場で必死に頑張る構造にもなっているではないか。
葬送2

これは深読みし過ぎかもしれないけれど、

これまで極めてエンターテーメント性を重視して評価を得てきたものの、ともすればその誇張に過ぎた作風が批判の対象ともなってきた映画やドラマを作って来た君塚監督が
過去に作ってきたエンタメ作品で認知されたキャラクターの存在やメッセージを、
この『遺体 明日への十日間』というエンタメとするにはばかられる
ドキュメンタリー原作の社会派作品の中に成長的構造で再現する事で、
これまでのエンタメ的評価と批判を自ら総括し、
そのフィルモグラフィー上に示し出して決着を着けるというウルトラCを敢行したとも言える。



なんてな。


明日27日と28日は
KRY山口放送の午前中のラジオ番組「おはようKRY」の「県人アワーふるさとdeつなごう!」
というコーナーに二日連続で電話出演の予定。
ポッドキャストでも聞けるようなのでそちらもぜひ。
スポンサーサイト

FF

2013.02.18.Mon.10:43
今週末23日(土)から
映画『遺体 明日への十日間』(監督:君塚良一)が公開されます。

Eleganceイブに集中連載中の漫画
葬送 母校が遺体安置所になった日』(原作:石井光太 作画:村岡ユウ)の
スピンオン作品(?)『遺体 震災、津波の果てに』の映画化です。

『葬送』の主人公は映画では酒井若菜さんが熱演しておられます。




社会的意義の大きな作品に関わって緊張と責任が高まっている僕を心配してか、
久しぶりにピョコタンが社会的意義のかけらもないニコ生に呼んでくれました。

その名も「無限2コマ地獄」。
・お題は視聴者から募集
・1コマ目と2コマ目は別の人が描く
・1コマ目を描き続けてもいいし2コマ目ばかり描いてもいい
とか、なかなか面白いゲームでした!
動画①
動画②


お題「鬼軍曹」
①中邑みつのり
o1.jpg

②ピョコタン
o2.jpg



お題「プロレスラー」
①村岡ユウ
p1.jpg

②町田とし子
p2.jpg


これらの2コマ漫画、ライブで見るとスリリングさという魔法がかかって笑える不思議!
それはまるでアクティブタイムバトル!
ak.png


3月24日には阿佐ヶ谷ロフトで「無限2コマ地獄」のイベントを
やるみたいです(僕は出ません)。
「6人の漫画家が原稿用紙を回しながら即興で2コマ漫画を描き続け、
その面白さを競う!
漫画家としてのスキルのみが問われる過酷な競技…
それが無限2コマ地獄である!」(ピョコタン談)


2コマで紹介できる男ことピョコタンを見てるだけでも結構面白いのでよろしければぜひ。
pyoko1.png


pyoko2.png



無限と言えば1次審査員を務めさせてもらった第4回ネーム大賞
結果が出ましたね。
僕が優勝候補と思ってた『無限心中』は最終読者投票で3位。
しかし1次審査通過作品はどれが優勝してもおかしくないと思える
素晴らしい力作が揃ってました。
受賞者の皆様、おめでとうございます。

そして今日からまた無限ネーム地獄。





贈想

2013.02.11.Mon.09:57
毎年言ってる気がするけど、
義理チョコには賛成派。
義理なんかいらないとか、お返しがめんどくさいとか言ってる男の9割は
ただの強がり。
もらって嫌な男なんてめったにいないって。

スマートなリアクションでひと笑いとれる男も多くはないと思うけど。
それができる奴は大抵本命をもらうしね。


今週木曜日は

単独行動で挙動不審なブサイクを見てもそっとしておいてやってください。
手遅れ気味に眉毛を整えてる男がいてもからかわないであげてください。
イケメンは単独行動を心がけてあげてください。
どんなきつい女からチョコをもらってもありがとうだけは言ってください。
バレンタインドッキリだけはやらないでください。
男同士のオトチョコなんて流行らせないでください。
先生方はチョコを学校に持ってくるくらい許してあげてください。
一目で義理とわかるブラックサンダーも
「ぎ…義理なんだからね」って言って渡せば男にサンダーが走るかもしれないので
有効活用もしくは注意してください。
チョコください。

そうそう、『葬送』の2話は2月26日発売のEleganceイブ掲載です。
こういう青春いいね。


葬送















 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。