スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリスリ

2012.11.12.Mon.08:52
読書の秋。
他人のネームをたくさん読んでいます。

ネーム大賞1次審査、今日の夜吉田貴司先生と最終の打ち合わせをして、担当82作品から2次審査に押したい25作品を決定します。
これに他の3チームがそれぞれの担当作品から選んだ25作品ずつを加えた計100作品が2次審査への最終候補作となり、
改めてそこから一次審査員全員の協議により25作品が2次審査に進みます。


100作の発表は11月15日
2次審査へ残す25作品を決める協議の様子は12月8~9、
25作品の発表は12月15日、
それぞれ主催の佐藤漫画製作所の漫画onWEBから放送されるみたいです。

複数のネームを応募した人も結構いるので、まとめて受賞して一獲千金も有り得るかもしれないですね。
そういえば明日発売の週刊SPAの「一獲千金事業計画特集」にイラスト描きました。
SPA.jpg

遠回りして何とか強引に告知につなげる事ができましたが、
人生は短いし最短距離で一獲千金したいもんですな。


漫画を始める前はちょこちょことイラストのお仕事をする事があったものの、
初めて名刺に「イラストレーター」と描いた当時の自信の無さと気まずさといったらハンパじゃなかった…。
資格があるわけでもないし、1件くらい金をもらって絵を描けば一応イラストレーターと名乗れるわけだし、むしろ名乗らなければ次の仕事だって入って来づらい。

「漫画家」っていう肩書きも、どこからなのか、いつまでなのか、ってのが常に話題になる。デビューしたものの連載がない時に、名刺に漫画家と書いては消し書いては消しの繰り返しだったのが懐かしい…。
創作の幅を狭めたくないので最近では肩書きを入れずに絵を刷ってわかってもらうスタンスに変更。

今は「絵師」なんていう非常に便利な言葉が生まれて主にネット上ではプロアマ問わず使ってる。まだ「絵師」と刷ってある名刺は見た事ないけど。


何が言いたいかというと、
別に微妙なキャリアなのに自分を大きく見せる事に対して反省したり毒づきたいわけではなく、


随時幅広くお仕事募集中という事です。





スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« 余裕 | HOME | ウララ »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。