スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェス

2015.07.29.Wed.22:06
生きてます。

連載決定の報に喜び勇んでデカいテレビを買った直後にやっぱり没になったりして
過ごしておりました。

漫画家あるある。

しかしめげずに色々ネームしてるとといい事もあるもんで、
久しぶりにショートギャグ漫画掲載決定。
8/17発売プリンセスGOLD 9月号の夏のギャグ&コメディ祭に8P。
名だたる漫画家が参加するみたいで肝が冷えますな。

祭と言えば行ってきました。
「愛と勇気の25周年記念ファイアーエムブレム祭」
IMG_0645.jpg


小6で初めてプレイした第1作「ファイアーエムブレム暗黒竜と光の剣」以来、
ほぼゲームをしなかった大学時代に発売した「トラキア776」の未プレイ以外は
すべてハード、マニアック、ルナティックでクリアして
キャラ萌え化した近作まで問題なく楽しめる中道派のエムブレマーである自分にとって、
この夏最大のイベントはフジロックでもサマーソニックでもなく、FE祭。
(祭気分でエムブレマーとしてのツイッターアカウントも作ってしまった@yuum1220fe)

FE25年の歴史を彩ってきたたくさんの曲を東京フィルハーモニー交響楽団が
奏でる。
製作陣や声優さんを招いての夜のFEトークショーやミニドラマ。
そして最後の最後に待っていたのは
オーケストラにソリストとコーラス隊を加えての
ファイアーエムブレムのテーマ」大合唱。

感涙。

時代と共にキャラの「死亡」はいつしか「戦線離脱」に変わっていき
(それはそれでいいとこもあるんだけど)
時空を超えてキャラが行き来する様になった事で
(おかげで過去作のキャラが登場し放題なのは嬉しいんだけど)
望まぬ戦争が引き起こす悲劇と悲恋と死の重みが若干軽くなってしまったと感じる昨今、

「誰一人として死なせない」の歌詞が、
25年来のファンには必殺の一撃!!
散り際のセリフがあるならば
「ありがとう・・・」

コザキユースケさんの月刊ヤングマガジンでのifのコミカライズもとても楽しみ。
くしくも自分がデビューした雑誌(当時の別冊ヤングマガジン)。
「秘境は時の流れが違う」という理屈並みの強引さで勝手な縁を感じ、想いをはせ、
30周年がもしあるならば、その時は自分も漫画家としてFEに関われるくらいになっていたい、と、
大器晩成での良成長を誓うのでした。


かくして祭りは終わり
ナバールよりリフに近い頭なのに風のように会場を去った僕は
無い知恵絞って やり始めたら眠れない 驕らなくてもドツボにはまる
ルナティック+並の手ごわいシミュレーションであるネーム作業に再び取り組むのでありました。

勝ってくるぞと勇ましく!!
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« 変化 | HOME | ヒャッハー »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。